RECOMMENDS

PLUS.18:音楽ラバーが生み出す最高のメロディ。ナードマグネット。

2018.10.04 更新

こんにちは。
+H デザイン担当の実里です。


「『+H』スタッフが独自の視点からピックアップした、今聴いて欲しい注目のアーティストをご紹介」してきた+H RECOMMENDS。今までは新人アーティストに限定していたのですが、今回からベテラン、新人、HIP LAND所属アーティスト、他社アーティスト、洋楽、邦楽、問わず!全ての音楽の中から、+Hスタッフが今聴いて欲しいアーティストを主観たっぷりで紹介していきたいと思います。


リニューアル第一回目、今回のレコメンドは「ナードマグネット」です!

nard_a.jpg

ナードマグネット
2006年春に結成された大阪府出身の4人組、ありそうでなかった日本語パワーポップ・バンド「ナードマグネット」。ボーカル須田さんはサラリーマンをしながらも年間100本のライブをこなし、全国ツアーやBAYCAMP、つくばロックフェス、ボロフェスタなど全国の人気フェスにも数多く出演し、その人気は全国に広がっています。


まず聞いていただきたい曲はこちら。





ナードマグネット「プロムクイーン」


いかがでしょう?
パワーポップ好きとしてはつい反応してしまうイントロでの馴染みのドラムパターン。サビの分厚いサウンドと重なる突き抜けるサビ。インタビューで語っていたこともありますがWheatusのTeenage Dirtbag(筆者大好き。女の子にIRON MAIDENのライブに誘われたい。)へのリスペクトが感じられる楽曲です。そしてTシャツがTHE GET UP KIDS。


続いてはこちら!





ナードマグネット 「C.S.L.」


いかがでしょう?
パワーポップ好きとしてはつい反応してしまうイントロのベース音(Motion City SoundtrackのThis Is For Realを感じます)。ギターで再現されたシンセサウンド(The RentalsのMOOGシンセみたい!)、情けなくもせつない男心を歌った歌詞に胸が締め付けられます。そしてトレーナーがtotosでTシャツがThe Muffs。


そして極めつけはこちら。





ナードマグネット 「Mixtape」


いかがでしょう?!
パワーポップ好きでなくても反応してしまう数々の名盤(筆者も大好きな名盤達)のジャケットを再現していくMV。そして!そして!最後に再現するのは...weezer!やっぱりweezerーーー!こちらは弊社のKANA-BOONボーカル鮪くんもお気に入り!




ナードの音楽にはとにかく音楽愛が溢れており、バンドのルーツへのリスペクトを感じさせつつ、良質なロック・ポップをたくさん吸収して育ったその存在感は唯一無二。さまざまなルーツをひっくるめて、ナードだけの音楽を聴かせてくれます。サウンドだけでなく、歌詞の主役にはいつも冴えない男性がおり、その姿に筆者は共感の嵐です。時に切なくなったり、時に励まされたり。パワーポップが好きにはもちろん、全グッドメロディー好きにおすすめしたいバンドです。


そしてナードマグネットは、日本一パワーポップを愛するレーベル「THISTIME Records」に所属しています。totes、CALENDARS、Lucie,Too、The Wellingtons、THE CAR IS ON FIREなど国内外問わず良質なメロディを奏でるアーティストを輩出しております。


そんなTHISTIME Recordsは15周年を迎え11月23日、代官山UNITにて「THISTIME RECORDS 15TH ANNIVERSARRY!!」を開催します。ナードだけではなく、最高のメロディを聴かせてくれる歌心に溢れたバンドが勢ぞろいのおすすめイベントでございます。


それでは+Hをよろしくどうぞ~。


スタッフ:実里